FC2ブログ

散歩の様子や漫画やイラストを載っけてます。

違いを知る旅

0
練馬には隅田川まで続く石神井川があります。
まあまあ深いです。
それが何キロも続くのです。
そして散歩マンはふと思いました。

石神井川も渓谷じゃん?

ということで本日は
渓谷と川の違いを知る旅に出ます!
目指すのは23区に唯一存在するという「等々力渓谷」でございます。

出発地点はお金持ちが束になって住んでいる、
23区どころか日本一セレブな街「田園調布駅」からです。
そう、23区に唯一存在する渓谷は世田谷区にあります。
しかも、その「田園調布」から歩いて行けるほどの距離なのです。
まあ、ちょうど近いから
平民の物見遊山的下世話な発想で出発点に田園調布を選んでみよーヒーハー!!

して、
お金持ちがザックザックいるんだから駅もさぞかしザックザックとゴージャスなんでしょうね!ワクワクワクワク〰️!!
違いを知る旅 
こぢんまり・・・。
しかも・・・けっこう何にもない・・・。
違いを知る旅

だがしかし!
そこは天下の田園調布。
ただの街並みじゃあありませんよ。
右見ても左見てもどこを歩いてもとにかく家がデカイです。
違いを知る旅 
家々は軒並み豪邸で、停まってる車は外車ばかりです。
もちろんセコムはスタンダード。
そして以外とびっくりするのがゴージャスな規模の坂が多いこと!
「チャーミーグリーン」(年寄りは知っている有名なCM)みたいな坂がいっぱいあるんですけどー。
違いを知る旅 
長い坂を下ったと思ったらまた登るの繰り返し、はぁ、はぁ・・・・まったく・・・・地方の田舎町みたいな、いーい景色の連続じゃないか。
ここは「尾道」か?!
違いを知る旅 
そして散歩マンはふと思いました。
そりゃ渓谷も近いわな、と。

賢く悟ったところで
進路を西に向けでこぼこしたテーマパークのような町並みを抜けると、徐々に景色は庶民色に変わってきます。
違いを知る旅 
あー、散歩マンは練馬人だから落ち着くー。

見えてきたのは石神井川みたいな手頃な川。
違いを知る旅 
渓谷にはほど遠いけどキレイに整備してあります。
違いを知る旅 
しばし川沿いを散策し、偶然見つけた手頃な定食屋でお昼。
違いを知る旅 
なんか超B級なんだけどうまかったよ。
お腹一杯になったところでいよいよ渓谷に向かってラストスパートをかけます。
すぐそこですけどね。
てかすぐそこのはずだけど、いまだに民家が建ち並んでいてあんまり渓谷の気配を感じないんだけど・・・。
ほら、このキレイな木蓮は民家のだから。
違いを知る旅 
半信半疑で地図が示す方へ歩くと、
ありました。
違いを知る旅 
それにしてもなんて涼やか。
違いを知る旅 
観光客もまあまあいます。

渓谷周辺は思った以上に整備されていて、
なぜか日本庭園までありますがな、よくわかんないけど。
違いを知る旅 
ですがさすが渓谷なので園内は階段ばっかです。
その分見張らしもいいけどねー。
違いを知る旅 
あー、今日はほんとにいい天気。

敷地には不動尊もありますが、日本庭園内をひたすら登ってひたすら下りて来たんだけどやっぱり登るんかい!
違いを知る旅 
急な階段を上ったけどいたってフツーな不動尊でした。
違いを知る旅 
通り一辺倒に祈った後、再び下りて渓谷の奥へ進みます。
この時点で散歩マンは悟り始めます。
渓谷と川の差はこの高低差かもしれないと。
ほらっ、これですよ・・・!
違いを知る旅 
渓谷の洪水なんて考えただけでも恐ろしいですが、きれいな人だからって心まできれいとは限りませんよ、皆さん。
そういうことです。(どういうこと?)
とにかく、今日が天気なのを感謝しつつさらに奥へと進みます。
湿地帯なだけあってシダもデカイ。
違いを知る旅 
そしてさらに渓谷は深さを増してきました。
ここはほんとに東京か?
違いを知る旅 
30分ほど歩いて渓谷の端に到着。
階段を登り橋の上から歩いてきた谷を見下ろすと、まさに等々力渓谷は石神井川とはケタが違うことがよくわかりました。
違いを知る旅 
いやー、23区内でこんなに自然を堪能できるとは思わなかったねー。
百聞は一見にしかずだわ、ほんと。
東京も捨てたもんじゃないという感慨にふけりながら、
まだ時間があるので次の目的地を目指し西へ。
ひたすら続く住宅地を歩くこと一時間半、
やって来たのは東名高速への入り口「用賀の交差点」です。
違いを知る旅 
向こうに広がっている緑の敷地が都内屈指の広さを誇る「砧公園」でございます。
「きぬた」と読みます。
違いを知る旅 
見よ、敷地もデカいが木もデカい!!
違いを知る旅 
ここでようやく休憩としますか。
違いを知る旅 
濃厚アイスクリーム、うまかったよ。
園内には美術館もあり球場以外はどこも芝生が敷き詰められていて、
ピクニックしほーだいの素晴らしさです。
違いを知る旅 
お決まりの桜の木もたくさん植わっています
ここの桜の木ちょっと変なんですけど。
違いを知る旅 
「幹に登るな」って張り紙してあるけど、
どっちかっつーと「ぜひ登れ」って言ってる感じよ。
まあ座りながらにして花を眼前で観賞できるからいいよねー。
かといって遊歩道の邪魔には決してならないという完璧な仕事ぶり!
違いを知る旅 
かっくり。
やるな砧の桜。

肝心の開花はもうちょっと先ね。
違いを知る旅 
広い園内には「つり橋」まであるというのでわざわざ大回りして歩いていると、
ボタボタ何かが落下する音がやたら聞こえるてきますがな。
犯人たちです。
違いを知る旅 
カラス多すぎ。
うんこし過ぎ。
なんとか「うんこの雨」をくぐり抜け遊歩道を進むと、
ありました。
違いを知る旅 
確かにつり橋だけどね、って感じですな。

広い園内を散策しすぎて結局ゆっくり休むことが出来ず、ほとんどノンストップで「祖師ヶ谷大蔵駅」まで歩いてしまいました。
あー疲れた。

ディナーは美味しいビールとピザ。
違いを知る旅 
疲れた後のお酒はサイコーだねー。

いやー、それにしても前々から気にはなってた都内唯一だという「等々力渓谷」は
思った以上に渓谷でした。
こんな雄大な景観を眺めながら毎日散歩したら
ダメ人間になれそうなほど素晴らしかったです。
石神井川との違いもよーくわかりました。

唯一の共通点はただひとつ。
どちらも「大雨時にはド増水する」ので
近づくのはやめましょう。


スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply