FC2ブログ

散歩の様子や漫画やイラストを載っけてます。

蔵前から蔵前な旅

0
陽気が良すぎるのです。
だからまた歩きます。

ということで、
本日は「蔵前」から「蔵前」まで参ります。
つ・ま・り、
出発は大江戸線の「蔵前駅」からで、到着も大江戸線の「蔵前駅」なのです。
ぐるっと回ってきます。
行ってきます。

大江戸線の「蔵前駅」から北へ歩くこと10分「浅草」に到着します。
左へ向かえば「雷門」右へ折れると「吾妻橋(あずまばし)」です。
吾妻橋の景色と言えばこれでしょう。
題してうんことビールとスカイツリー」
蔵前から蔵前 
誰かこのタイトルで曲を作って下さい。

すらりと美人なスカイツリーはお花畑との共演もス・テ・キ。
蔵前から蔵前 

屋形船も見下ろせるのが吾妻橋よねー。
蔵前から蔵前 
うーんどうでもいいけど、グジ人形が近過ぎてぼやけてしまうわね・・・。
グジをセッティングする散歩マンの腕がもっと長ければ・・・。

うららかな休日で賑わう吾妻橋を渡り、さらに北へ進むこと20分ほど。
都会のオアシス「墨田公園」に差し掛かります。
蔵前から蔵前 
隣接する「牛嶋神社」の格子塀の脇を通り抜けさらに進むと、

スカイツリーはもっとでかくなります。
蔵前から蔵前 

あれ倒れてきたらやばいよねーと思いながら、スカイツリーから遠ざかるように何てことない住宅地をさらに北へ歩いていると、
ん?
グジの仲間がいる公園に出くわしました。
蔵前から蔵前 

幸田露伴の居住跡ですと。
蔵前から蔵前 
学のない散歩マンはこれを何て読むのかわからない。
「カタツムリ」って読むならステキなのに、と思いながらググったら「カタツムリ」って読むんじゃん!
今日の散歩マン頭よくなっちゃったなー。(=゚ω゚)ノ

ちなみに「幸田」といえば「シャーミン」なのが散歩マン世代、「來未(くみ)」なのがそのあとの世代。
そして「晋」が浮かんだ人は異次元です。(正しくは香田晋ですけど)

グジと同じ色をしたカタツムリに別れを告げ、さらに北へ進むこと10分ほど。
到着したのがここです。
蔵前から蔵前 

墨田区にある「向島百花園」でございます。
蔵前から蔵前 
有料です(150円なり)。
まさに都会のオアシスです。
蔵前から蔵前 

園内にはその名の通りさまざまな植物が植えられていますが、今はつつじが見頃ですかねー。
蔵前から蔵前 

ちなみに、
偉人の名言が彫られ乱立する碑は、年中見頃です。
蔵前から蔵前 
よくみて、竹やぶの向こうにもあるから。

椿もきれい。
蔵前から蔵前 
僕とどっちがきれい?(byミミズ君)

園内を彩る植物たちは本当に多種多様。
多種多様過ぎて意味不明な植物も生えてますがな。
何ですのこれ?
蔵前から蔵前 
こっからどうなりたいの、あなた?

答えてくれないのでモヤモヤしながら向島百花園をあとにします。

向島百花園からは間近の「荒川」を渡るべく、進路を東に変えます。
排気ガスを避けるため散歩マンはなるべく住宅地を散策したいのですが、東京の難点は川が多いこと。
大河をわたす橋の数はごく限られているので、川をまたごうとするとおのずと進路が限られてしまいます。
しょーがないので交通量の多い水戸街道をひたすら歩き、荒川の向こうにある葛飾区に踏み入ります。
蔵前から蔵前 
ええ景色やー。
やっぱり河川敷は雄大で心が洗われるねー。
蔵前から蔵前 
洗われるんだけど、この脇に生えてる雑草油虫天国だからね。
それを狙って「てんとう虫」がいっぱいいるけど「わーいてんとう虫ちゃんだー!」と思って写真撮ってると、その100倍の油虫ちゃんが撮れちゃうからね。

しばしウジャウジャいる野の虫たちを観察しながら荒川に別れを告げ、北東へ進むこと30分ほど。
本日メインの目的地に到着しました。
蔵前から蔵前 

葛飾区にある「堀切菖蒲園」でございます。
 蔵前から蔵前

まだ咲いてませんけど。
蔵前から蔵前 

今は(4月上旬)シーズンではありませんが、
あと一ヶ月もすれば様々な種類の菖蒲たちで賑やかになることでしょう。

今日は咲いてませんけどね。
蔵前から蔵前 

咲いてないけどおやつは食える。
これから咲くだろう菖蒲を妄想しつつ、メロンパンを頂きます。
蔵前から蔵前 
そして散歩マンはこのベンチでゆっくりおやつを食べたがために、日焼けしてしまいました。
か弱いおばさんの胸を焼くなんて・・・、太陽め。

堀切菖蒲園をゆっくり見物した後帰りの都バスを目指し、今度は足立区へと進みます。
このあたりも他と変わらず何てことない住宅地がしばし続きます。
高台にある公園を見上げながらてくてく歩いていると、ん?
住宅地には似つかわしくない巨大な建物が見えてきました。
あっ!
蔵前から蔵前 
ここ、ただ今世間の注目の的になってるゴーンさんがいるとこじゃない?
なんと通りかかったのは「東京拘置所」です。
ここは足立区。
こ、こんなとこにあったのね・・・。
そびえ立つ拘置所の目の前にはゆったりできるキレイでのどかな公園があるんですけど、
・・・・・・
ゆったりできます?

うーん、目の前で実際に笑いながら戯れている親子がいるんですけど・・・・、
複雑ですなー。
とりあえず東京の公園造成意欲は半端ないとこだけはわかりました、はい。

複雑な心境になりながらこの拘置所を後にし、今度は西に進路を変え、30分ほど歩いて都バスに乗り浅草まで戻ってまいりました。
10分歩いて予定通り蔵前駅に到着です。

余談ですがこの数日後、ゴーンさんがまた釈放されます。
しばらくは報道関係者が群がることはないだろうなー、と思って建物の前を歩いていましたが
速報が流れた時は思わず「ニアミスかい!!」とテレビに突っ込んでしまった散歩マンなのでした。



スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply