FC2ブログ

散歩の様子や漫画やイラストを載っけてます。

大興奮の旅

0
いきなりですが、「極上の感動をありがとう」。
今回の旅はそう感謝せずにはいられない旅でした。
ではプレイバックいたします。

まずはダーリンを「横十間川親水公園」へ連れていくべく「住吉駅」からスタートいたします。
ただし、本日のメインイベントは旅の最後に控えてます。

住吉駅から公園まではものの20分ほど。
こちらをご覧ください。
大興奮の旅 
ここは小名木川横十間川が交差する地点。
4つの対岸をバッテン型の橋が結んでいます。
東京広しといえど歩道橋以外でこんな粋な架け方をした橋は見たことがありません。
そして散歩マンは思いました。
ちょー渡りたーい❤❤❤

では渡りましょう。
まずは下から。
大興奮の旅 
うっひょー、十文字や!
紛れもなく十文字や!!

「クローバー橋」って言うのね。
大興奮の旅 
「十文字橋」ではないのね。

はい、人々が行き交う川の上です。
大興奮の旅 
散歩マン:「ダーリン、感想はどう?」
ダーリン:「うん、橋だね」

魅惑の橋を渡り終え、南へ少し行くとダーリンには初めての「横十間川親水公園」の入り口に到達します。
その入口にはなんとただで遊べる「水上アスレチック広場」が!
大興奮の旅 

浮き橋を渡ったり、ロープに捕まって水上を滑走したり、そんなん見たの「オールスター水上大運動会(ポロリつき)」ぐらいです。
大興奮の旅 
(わからない人は親に聞いてください)
超エキサイティングな遊具で遊び狂う子供達を眺めた後、さらに南へ進みます。

おっ、この公園手漕ぎ舟まである。
大興奮の旅 
「うまいよ!」と船頭風な人に漕いでる人が褒められてるところをみると、どうやら手漕ぎ体験が出来るっぽい。

して、前回は回っていなかった水車ですが、今日は回ってます。
大興奮の旅 
はい?
回ってないって?
ほら、ほらほら!よく見て!上部から水が注がれてるでしょ。
うーむ、昨今のカメラは性能が半端ないので水車が回っていてもいなくても同じ画(え)に仕上がってしまうという便利すぎるのは良くないという典型ですな。

水車のある池には亀もたくさんいます。
大興奮の旅 
通常の生息数よりちょっと多めなのが特徴。
ひしめき合う亀たちを堪能した後は「横十間川親水公園」に別れを告げ、さらに南へ進みます。

途中の東陽町でエネルギーチャージ!(by:天丼てんや
大興奮の旅 
元気に南下を続けます。

東陽町から南へ行くと地元民が行き交う生活感のある景色から、あたりは徐々にダイナミックに変わっていきます。
団地脇の細い小道を抜けると、いきなり目の前が開けてきました。
大興奮の旅 
うーん、気持ちのいい公園を歩いてきたばかりなのに、また気持ちよくなっちゃうぞー。

咲き誇るつつじも素敵。
大興奮の旅 

濃いピンクにうっとりしていると、突然ダーリンが声をあげました。
「スカパーだ!」
大興奮の旅 
ただの遊歩道だと思ってのんびり歩いていた場所に、突然現れた天下のスカイパーフェクトTV。
散歩マン:「ほー」

叫んだわりにたいした関心のないまま、さらに進むと「KOKUYO」の倉庫の横に椅子たちの残骸を発見。
大興奮の旅 

まだ使えそうなのにもったいないなーと貧乏性魂をくすぐられつつ、明治通りをさらに南下します。

今はゴールデンウィーク中。
いつもはトラックがひっきりなしに行き交う道路も、今日はご覧の通りです。
大興奮の旅 
うひゃー、空気が違うね!
マスク要らないね!


快適な空気の中、見えてきたのは「夢の島公園」です。
大興奮の旅 
真ん中に見えてるのはヨットハーバー。

ゴミを埋め立てた夢の島へ続く橋を渡り公園の脇をしばらく歩くと「新木場駅」に差し掛かります。
今日は駅を素通りし、夢の島公園の脇を巡る散策路「夢の島緑道公園」へ踏み入ます。
大興奮の旅 
歩きやすいのだけど舗装はされてません。
下からも上からも自然を感じる緑道にダーリンはいたくご満悦です。
ですが誰もいません。
隣の夢の島公園の駐車場は満車なのにここには誰もいません。
そのくせアブはいっぱいいる。

小道には木で作られたかわいい犬のオブジェが等間隔で設置されてます。
大興奮の旅 
かわいいねー❤
でも誰もいません。

地図上ではその先へ通り抜けられるはずなのですが、誰も来ないし右の私道はフェンスで仕切られている。
まさか、行き止まりだから誰も来ないのでは?!
結構歩いてきてますけど?!
引き返さなくてはいけないのでは?!!
ギョエギョエェェェェ?!!!と思った次の瞬間!!!
大興奮の旅 
私道の向こうへ抜けられるトンネルがちゃんとありました。
賭けに勝ったー!!!

本日の強運に感謝しつつ意気揚々と歩を進めると、まだまだ続く散策路がついに明るく開けてきました。
街路樹もキレイ。
大興奮の旅 
名前忘れたけどねー。

遊歩道の隣を走る交通量の多い幹線道路を上に見て、我々は右に曲がります。
大興奮の旅 

すると、散策路はついに海沿いへ。
「ついに海だー!」と思ったら、
水色の壁や!
大興奮の旅 
ハエまで飛ばしたのに、海辺なのに海が見えないとか意味ないことすんなボケがぁぁーーー!と、憤慨していたら。
怒りが届いて壁が消え去りました。
大興奮の旅 
ヤッホーー!
やっぱり海沿いの景色はこうでなくちゃね。

ついにやって来ました、ここは南北に細ながーい遊歩道が延々と続く「新木場緑道公園」であります。
散歩マンが今日来たかったのはまさにこの緑道です。

念願の場所でようやく休憩。
穏やかに晴れて気持ちのいい青空と海を眺めながら、コンビニで買ったおいしそうなミルクパンをいただきます。
大興奮の旅 
うん、あんまりうまくないね。

おやつはイマイチだけど景色は最高ー!
キレイに整備されどこまでもまっすぐな道は、本当に歩きやすくとてつもなく快適です。
なので、また誉めときました。
大興奮の旅 

あー、お世辞じゃなくいつまでもここにいたい気分よ。
また休んじゃおー。
大興奮の旅 

ですが、実はこの緑道を目指したのにはもうひとつわけがあります。
それこそが本日のメインイベントなのですがそのわけとは、はいこれ。
大興奮の旅 

さらにアップ。
大興奮の旅 
ズバリここは「東京ヘリポート」です。
スマフォカメラを最大級にアップにして、小グジをも画面に納めることに成功した偉業の舞台裏を、まずはご覧ください。
大興奮の旅 
まさに小グジだからなせる技。

それはさておき、
つまり以前さらに南にある「若洲海浜公園」を目指したときに偶然このヘリポート前を通りかかるも、管制塔らしきものしか撮影出来なかったわけですが、今度こそヘリコプターそのものを近距離撮影するという念願を果たすために緑道にやって来たのです。

さあ、ここならなんでも撮影できる!
ジャンジャンくるヘリコプターをジャンジャン撮るぞーー!

シーーーーン・・・・。

意外とジャンジャン来ません・・・。
羽田空港の殺人的離着陸間隔を実感したばかりのせいか、ヘリポートにはヘリコプターがひっきりなしに離着陸するものだと思い込んでいましたが、実際は30分待っても来ません。

「せっかくこれを目指して来たのに・・・」
しかたなくあきらめて歩き出した、その時。
き、来たぁぁぁぁーーーーー!!!
大興奮の旅 
日テレやーーーー!!
てか、どれでもええわーーーー!!!


なぜかその後も続々と発着していくヘリコプターの嵐。

早く、早く、早く!!
そして慌てた結果。
大興奮の旅 
ミミズ君、見切れたりぃー!

バタバタしつつもついに念願の近距離撮影に成功しました!
いやー、もう少し早くに諦めていたらもっと慌てることになったあげく撮影出来なかったろねー。
果報は寝て待つもんだねー。
とにもかくにも、今回は散歩史上初めての大興奮を経験することになりました。

して、ヘリポートの角が緑道の最南端です。
はい、角(かど)。
大興奮の旅 
この何もない感じ、これがいいのよねー。
興奮の熱を冷ますべく、吹きっさらしのその場所でしばし海を眺めることに。
大興奮の旅 
ふー、やり遂げたな・・・。

ここで【散歩マンお得情報】です。
このあたりはヘリコプターは言うに及ばず、海に向かって右手には羽田に舞い降りる飛行機も比較的近くに見え、目の前の海には船も行き交い、ゴールデンウィーク中の今日はたくさんのヨットも見ることができました。
そういう意味ではとても贅沢な穴場スポットであるかもしれません。
ぜひ一度訪れることをススメします。
・・・・・・・・・・・【散歩マンお得情報】終わり

海風に吹かれること10分、体も冷えてきたので帰りのバス停を目指し再び歩きだします。

その後は「門前仲町駅」から都営線で移動し、最大の目的を達成したお祝いのような気分で「神保町」でお好み焼きを頂きました。
大興奮の旅 

今回は気持ちのいい道の連続、そして最後には大興奮のご褒美まで経験させてもらえ「散歩マン散歩」史上まれにみる素晴らしい旅となりました。
つまり、散歩マンはこの奇跡に思わず「極上の感動をありがとう」と言わずにはいられなかったわけです。

と、気持ちよく家路につこうと振り向くもそこにダーリンの姿はなく。
大興奮の旅 
旅の最後、ダーリンは中国本の専門店「内山書店」に、いつものように消えてゆきました。

何回行くのよ・・・。
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply